学生がアコムでキャッシングを利用するにあたり、やはり気になるのは、

 

学生でも本当にアコムに申し込む事が出来るのか?


という不安でしょう。お金を借りる、という一点のみで考えれば学生という立場からすれば親や身内に相談した方が安心なのは言うまでもないのですが、それでもなおキャッシングの利用を考えるのは、あの言葉があるからでしょう。

 

「何に使うの?」


もっとも、これはある意味当然といえば当然の質問です。何の目的で使うのかわからずにただお金を貸してくれ、とだけ言われたのではいくらなんでも理不尽でしょう。

また、ここでお金を借りるための目的としてある程度「褒められた」理由でもあればともかく、

 

遊ぶお金欲しさでお金を借りる


のであればその後ろめたさたるやとても言い出せるものではありません。さて、そこでキャッシングの利用を考えるわけですが、学生にとってキャッシングの利用におけるメリットとしては、ひとつは「学生 カードローンで何に使うの?」と聞かれないという点があります。厳密には全く聞かれないわけではありませんが、

 

それでも質問の内容としては極めて大雑把なもの


です。せいぜい遊興費なのか、生活費なのか、とかそんなレベルの質問でしかなく、具体的に「何円のものを買うから」などといった回答をする必要はありません。答えたくない場合には答える必要もなく融資を行っているのがアコムなどのキャッシング業者の特徴です。

アコムといえば「事業性資金以外なら使用目的は自由」というのがひとつのテーマですが、まだ学生の身で「事業」をするということはほとんどないでしょう。

それだけにキャッシングの利用開始後は返済を滞納しないように十分注意する必要があります。特に学生の場合は毎月の収入が多くはありませんので、少ない収入の中から返済をしていくことは決して簡単なことではないでしょう。

「何に使うの?」と聞かれないというメリットがある反面、その後の返済に注意しなければならないというデメリットがあるのも、アコムを学生が利用するうえで知っておきたい条件は二つです。

 

  • 年齢が20歳以上で未成年ではない事
  • アルバイトで自身に安定収入がある事

以上の条件が整った学生であるなら、消費者金融が利用できるので無利息サービスのあるアコムに申込むのがベストでしょう。

学生がキャッシングするならアコム

  1. アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ

    実質年率 年3.0%~18.0% 借入限度額 最高800万円

    アコムの会社への在籍確認の電話話にはできませんが、電話はアコムの名前を出して掛けてきません。それなら会社への電話も大丈夫という方は、アコムも最大30日金利ゼロサービス※1もありますので検討してもいいでしょう。
    パート・アルバイトでも申込可能ですし、即日融資の方法も多彩です。消費者金融唯一のクレジットカードアコムマスターカードでの申込も可能です。

    ※1 30日毎返済を選択した場合に利用可能です

アコムとは別に今後のキャッシングの信用情報に関係する奨学金の返済事情

日本学生支援機構は文字通り日本の学生の生活を支援する為の独立行政法人で、その支援の中の1つとして奨学金制度を行っています。

 

日本学生支援機構の奨学金制度の中身は・・・


この奨学金制度には、大きく別けて2種類あります。

 

1つは貸与型の奨学金で、もう1つは給付型の奨学金です。


後者は海外留学の場合のみ審査によって受けられることがあり、返却の必要はありません。主に奨学金と表現した場合、前者を表すことがほとんどです。この貸与型の奨学金は高校を卒業して大学や短期大学へ進学する為に必要となる入学金や学費を借りる事ができる制度で、

 

無利息の第一種利息が発生する第二種があります。


貸与型奨学金の利用条件は?

 

学生なら誰でも利用できるのかなぁ・・・


その奨学金制度を利用する条件として

 

  • 第一種の奨学金を受けるには、学力による基準と家計による基準を満たす必要があります。
  • 第二種にも家計による基準はありますが、第一種ほどは厳しくありません。

またそれぞれ希望者が多い場合はそれが原因で受けられないケースもあります。この奨学金制度によって借入を行える額は月々固定で第一種、第二種ともにいくつかの中から選択できます。

日本学生支援機構への奨学金の返済期間と返済の滞納について

どちらの場合でも在学中は返済が猶予されますが、原則的に卒業をして7ヶ月目から返済を行うことになり、第二種の場合はこの卒業後から最大で年利3%の金利が発生します。返済期間は借入を行った額によって決定され、最長で20年間になります。

 

返済期間の延長はできないのかなぁ・・・


滞納をしたことがない場合に限り、支払い期間の延長を申請することはできますが合計で20年を超えての延長はできないのです。また返済を延長した分の期間にも金利は発生します。この日本学生支援機構は信用情報機関の全国銀行個人信用情報センターに加盟している為、

 

奨学金の月々の返済を滞納すると全国銀行個人信用情報センターに履歴が残るのです。


これが原因となり、その後クレジットカードが作れなくなってしまったり、カードローンの審査で落とされてしまうようなことが起こってしまう可能性は非常に高いです。3ヶ月以上の長期の滞納になるとブラックリスト入りしてしまうという結果に至ります。

 

奨学金も返済する計画をたててから利用しないとねぇ・・・


奨学金とは聞こえがいいですが、要はお金を借入しているという事なので返済を行うのは当然の義務です。