アコムは消費者金融業者の中でも『大手『と呼ばれる業者のひとつです。その特徴は、誰でも手軽に利用することができるという点にありますが、ここでいう『誰でも『という部分についてはある一定の制限があります。

 

まず第一に『収入を得ている『というのが前提条件となります。


収入を得る方法については、必ずしも正社員である必要はなく、たとえばパートやアルバイトであってもアコムから借入を受けることができます。仮に利用の申込をした人が学生であっても、20歳以上でアルバイトなどで収入を得ていれば融資限度額に制限こそあるものの、融資を受けることは可能です。

このように、アコムを利用するためには自身に何らかの収入があるということが要件となります。つまり『収入のある人なら誰でも『申し込むことができるのがアコムということなのですが、

 

では収入を得ていない人、たとえば専業主婦の場合はどうなのかというと、もちろん利用することはできません。


これは、アコムの契約条件として『安定した収入のある方『という規定があるため、安定した収入のない専業主婦の場合は利用ができないということになりますが、収入がある主婦であれば消費者金融のアコムでも申し込めるということになります。

 

ここでいう『安定した収入『とは、何らかの形での『雇用形態『が存在しているというのがひとつの要件といえます。


たとえば空いた時間に内職をしているという人も専業主婦の中にはいるかもしれませんが、その内職というものがどういうルートで得られた仕事なのかというのが問題となると思います。

たとえば銀行が展開するカードローンなどの場合は、配偶者の収入を根拠として利用を申し込むことができますが、それができるのは銀行だからであって、消費者金融のアコムの場合はその限りではありません。

そのため、もしどうしてもアコムで融資を受けたいということであれば、まずは何らかの形で就職する必要があります。『専業主婦『の状態では借入を受けることが不可能ですので、まずは『無職ではない『という状態になることが第一歩です。

パート・アルバイト等で安定収入がある主婦・主夫であればアコムに申し込みが可能

パート・アルバイト等で定期的収入がある主婦・主夫は申し込みの幅が広がります。もちろんアコムは、二業者ともメガバンクをはじめとする銀行の保証会社も務めておりますので審査に関してもしっかり審査してくれるので安心です。

また規制で申込できる範囲が縮小してしまった銀行カードローンにはないサービス(無利息サービスなど)があったり、保証会社を介さないので審査スピードが早く、即日融資の可能な範囲が広いのも魅力です。即日融資に関しても銀行カードローンは不可能ですし、

 

パートで安定収入があるのであればアコムのカードローンの選択おすすめです。


パートで安定収入があるのであれば主婦に最適なアコム

  1. アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ

    実質年率 年3.0%~18.0% 借入限度額 最高800万円

    アコムの会社への在籍確認の電話話にはできませんが、電話はアコムの名前を出して掛けてきません。それなら会社への電話も大丈夫という方は、アコムも最大30日金利ゼロサービス※1もありますので検討してもいいでしょう。
    パート・アルバイトでも申込可能ですし、即日融資の方法も多彩です。消費者金融唯一のクレジットカードアコムマスターカードでの申込も可能です。

    ※1 30日毎返済を選択した場合に利用可能です

アコムでは専業主婦は利用できる?できない?

アコムは消費者金融の中でも特に人気の高い業者です。実際にテレビや新聞などで大々的に宣伝していることもあり、アコムでお金を借りたことのないという人であっても知名度が高いのではないでしょうか。

そんなアコムですが専業主婦への融資は現在行っていません。総量規制の関係で専業主婦への申込を断っているのです。もちろん専業主婦といっても様々な立場があります。

たとえば家事に重点を置いてはいるもののパートやアルバイトなどで安定収入を得ているという人の場合は、その収入の金額にもよりますが毎月一定の収入があればアコムに申込む事ができます。そうであればアコムの在籍確認の電話は原則必須(編集部の調査では在籍会社が休みの日は別の確認手段が取れる)ので主婦にもありがたいカードローンです。

ただし、これがスポット的な臨時収入がある以外は普段特に仕事をしていないため一定の収入がないという場合にはアコムで融資を受けることはできません。また、内職などをしているという場合にはその内職が「一定の収入」と判断できるかどうかで状況が変わってきます。

 

収入と判断されればアコムでも融資を受けられる可能性があるのはいうまでもありません。


ではなぜアコムが収入を得ていない専業主婦に融資を行っていないのかということですが、それはアコムが総量規制の対象となる貸金業者だからです。

総量規制とは、原則として年収の3分の1を超えてお金を借りることができないという規定を定めた法律であり、法律上の規定によると厳密には業者ごとに規制しているわけではなく、融資を行う種類によって規制されています。

たとえば総量規制で規制の対象となるのは、個人向けの融資であり融資を受けた分の使用目的を限定しない場合ですが、アコムで主にお金を借りる場合というのはまさにこの場合です。

そのため、もしも個人的に収入を得ていない専業主婦もそうですが、専業主婦の人がアコムを利用してこうしたカードローンを利用する場合にはお金を借りることができないということになります。

「年収の3分の1」までがお金を借りることのできる上限とすれば、その年収が0円であれば借りることができる上限もまた0円となるためです。