現在では様々な雇用形態があり、たとえば「契約社員」というのもそのひとつです。契約社員は、雇用形態が一時的な「契約」にもとづいて働くというものであり、正社員でこそありませんが、その責任や職務については正社員に準ずるものがあるといわれています。

 

契約社員でもアコムを利用するのは可能かなぁ・・・


この契約社員がアコムを利用する場合に注意しなければならない点にはどのようなものがあるのでしょうか?まず、アコムを利用するための条件としては「毎月安定した収入を得ていること」というものがありますので、

 

契約社員で勤めてどれくらいになるの?


この点を満たしていれば契約社員であってもアコムを利用して融資を受けられる可能性はあります。

 

1年以上になるけど、どうして?


ここでは収入の安定性が求められますので、最低でも半年以上は契約社員として同一の勤務先に対する勤務実績があればおそらく問題なくアコムで融資を受けることは可能でしょう。逆にまだその勤務先で働き始めて間もない、

 

当然だよ。正社員に準ずるといっても短期間では収入の安定性に欠けるからよ。


ということであればアコムの利用は難しいということになります。その場合には少し間を置いてから勤務実績を積み上げてから再度申し込むといった方法が良いでしょう。

契約社員の融資実行までに気をつけるポイントとは?

アコムで契約社員が融資を受けることができる金額としては、総量規制の関係から年収の3分の1が上限となっていますが、実際にはそこまで融資を受けることは現実的ではありません。

 

年収の3分の1迄ならアコムでも融資を受けれるんでしょ。


契約社員であっても年収が高ければそれに応じて融資を受けることができる金額も高くなっていきますが、自身の雇用形態や契約期間などを考慮してあまり借り過ぎないように気をつけるようにしましょう。

 

雇用形態から云えば多少はマイナス評価になるから必要以上の融資を希望すべきではないわ。


このように、アコムでは契約社員であっても安定した収入があれば融資を行うにあたって特に大きな問題はなさそうです。但し、既に高額の融資を受けている場合などは審査に通らないケースもあります。

先述の総量規制の関係から、既存の借入残高が融資可能な上限に達している可能性などもありますので、こうした状況をふまえてアコムで融資を受けられるかどうかについてはある程度の予測は立てられると思います。