カードローンやフリーローン、有担保ローンでもローン業者から申込者の会社に電話を掛けて在籍しているかどうか確認する”在籍確認”は必ず行われます。お金を借りるということは悪いことではないのになんとなくカードローン業者から会社に電話されるのは嫌なものです。

当然アコムに申込んだ際にもあなたの会社に確認の電話である”在籍確認”は掛かってきます。アコムからどのような感じで電話が掛かるかというと、

 

アコムですが御社に○○さんはご在籍でしょうか?


というアコムと分かる感じで電話は掛けません。

 

山田(担当者名仮名)と申しますが御社に○○さんはご在籍でしょうか?


とアコムの名前は伏せて担当者の名前で電話を掛けてきますので安心をしてください。

 

ローンというローンはみんな電話掛かってくるのでうちの電話口のおばちゃんにはバレてしまうよ・・・何とか回避する方法はないの??


 

できます!プロミスなら在籍確認の電話ではなく別の方法で確認する相談ができます!


プロミスの審査後に掛かってくる電話で申込の内容を確認されますので、その後

 

在籍確認の電話を掛けますがよろしいですか?


と伺われますのでその際に相談すればオッケーです。

プロミスで在籍確認の電話とは別の方法の確認の相談をして会社への電話を回避する

  1. プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

    プロミスレディース
    実質年率 年4.5%~17.8% 借入限度額 最高500万円

    誰にも申込がバレない(郵送物なし) WEB完結も対応可能!
    もともと消費者金融の中では最高金利が低く、初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可)もあるので人気の高かったプロミスですが、在籍確認の電話意外の別の方法で確認をする相談ができる事を皆さんにお知らせする事で利用者が急増中です。
    プロミスは女性には必ず女性オペレーターが対応してくれるレディースキャッシングを用意してくれているという気遣いも見逃せません。自動契約機も全国に約1,700台ありますので、即日カード発行も可能。全銀システムの稼働時間拡大で即日振込可能口座も増え、更に三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間365日最短10秒で振込可能な瞬フリは他社にはないサービスです。

電話を掛けてくる際にアコムの名前を出さないのなら気にならないという方はアコムもありです

  1. アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ

    実質年率 年3.0%~18.0% 借入限度額 最高800万円

    アコムの会社への在籍確認の電話話にはできませんが、電話はアコムの名前を出して掛けてきません。それなら会社への電話も大丈夫という方は、アコムも最大30日金利ゼロサービス※1もありますので検討してもいいでしょう。
    パート・アルバイトでも申込可能ですし、即日融資の方法も多彩です。消費者金融唯一のクレジットカードアコムマスターカードでの申込も可能です。

    ※1 30日毎返済を選択した場合に利用可能です

目次

アコムの在籍確認はこんな場合どうなるの?

自動契約機(むじんくん)でカード発行する場合のアコムの在籍確認

アコムの申し込み方法は、WEBから申し込む方法と無人契約機の自動契約機(むじんくん)での申し込みまた店頭での申し込みがあります。しかし、最近では実店舗に行く人はアコムの人と会うので利用者は少なくWEBや自動契約機(むじんくん)での申し込みが主流になっています。

WEBから申し込めばカードは郵送され、自動契約機(むじんくん)から申し込めばカードはその場で受け取る事が出来ます。どちらの申し込み方法でも、最初に仮審査が行われその仮審査を通過したら、メールか電話で本人に連絡がありその後、在籍確認の電話が職場に掛けられます。

ただし自動契約機(むじんくん)で申込んだ場合や、WEB申込後に自動契約機(むじんくん)でカード発行する場合は自動契約機(むじんくん)での手続き中に在籍確認が行われますので、そのときの勤務先の営業時間の注意が必要になってきます。

アコムで在籍確認がされるということは与信審査は通っているということ

審査に通らない場合には在籍確認は行われなので在籍確認が行われるという事は、ほぼ審査に通ったという事で安心していいことです。

勤務先に在籍確認の電話をするということは、人一人一手間掛かる作業ですし、与信の審査を通らない方にするには無駄な作業になります。かといって、細かく審査基準があるわけではなく、確認内容はシンプルで、

 

現在も勤務先に在籍しているか否かのみ


なので、在籍確認さえ終了すれば契約できるのは間違いのないことなのです。アコムの自動契約機(むじんくん)でカード発行する場合は必ずこの形になります。アコムの自動契約機(むじんくん)でカード発行する場合は、その場での在籍確認の電話となります。

そのため自動契約機(むじんくん)での申し込みをした場合には、自動契約機(むじんくん)の前に本人はいる訳ですから在籍確認の電話を勤務先にしても本人は間違いなくいませんが、在籍確認は完了します。

会社に本人が居ない場合はアコムの在籍確認はどうなるの?

事務職なら勤務先にいることも多いでしょうが、営業職などはほとんど会社に居ることはないのが通常です。こんな場合でもアコムの在籍確認は完了します。どのように遂行されるのかというと、

 

○○さん(あなた)はご在籍ですか?


 

申し訳ありません○○は只今席を外しております。


 

分かりました。では後ほど掛けさせて頂きます。


在籍確認は本人がそこで働いているかの確認ですから、その場に本人がおらず他の人に今はいないとか言われてもそれで在籍確認が行われた事になり無事に在籍確認は完了出来ます。

勤務先が休業日の場合アコムの在籍確認はどうなるの?

勤務先が休業日の場合は、在籍確認の電話を会社にしても誰も出ることはありませんので、在籍の確認は取れないということになってしまいます。こういう場合、アコムではどうなるのかというと、

 

アコムの在籍確認は、会社が休業日で電話確認がとれない場合のみ会社の在籍を証明できる書類で確認してもらうことができます。


用意する書類は、

 

  • 直近の給与明細
  • 健康保険証

など、会社に在籍していることが分かる書類になります。


ただし、アコムの場合は会社の営業日には必ず勤務先に確認の電話をすることになるので、どうしても会社にバレずにお金を借りたい方はプロミスなら別の方法で確認する相談が可能ですのでそちらを利用しましょう。

派遣社員の場合はアコムの在籍確認の電話はどちらの会社に掛かってくるの?

在籍確認を行う際に困るのが、派遣社員の場合です。派遣社員の場合には派遣元が給料を支払うので基本は在籍確認の電話が掛かりますが、実際にはそこで働いていないので派遣元の人が個人情報なのでと言って対応してくれない場合があります。

ですが、アコムでは基本的に申込フォームに記入した勤務先に確認の電話が掛かる事になります。

前述のような派遣元が個人情報なのでと言って対応してくれない場合には、アコムニ相談をして派遣先に在籍確認の電話を掛けるようにしてもらうようにしてもらう事が出来ます。

アコムはパートやアルバイトでも安定した収入があればアコムでお金を借りる事が出来ますが、当然パートやアルバイトも勤務先に在籍確認の電話が掛かります。

アコムでは在籍確認の電話は回避できないが在籍会社の休業日には回避できる!?

アコムでも他のカードローンでも在籍確認なしで審査は完了しません。アコムでは在籍確認の電話は必須ですので回避はできませんが、在籍している会社が休業日には会社に電話を掛けられても誰も出ませんので確認を取る事ができません。

通常カードローンではこの場合、在籍している会社の翌営業日まで在籍確認が延期になり、その日に契約を結ぶ事ができませんのでもちろん即日融資も受ける事ができません

 

しかし、アコムの場合は在籍会社が休業日の場合のみ、在籍会社のものと分かる書類で電話を代替してくれます。


アコムに申込んだ際もプロミス同様審査後に申込の内容を確認する電話がアコムから掛かってきます。内容の確認が終わったタイミングで在籍確認を掛ける事の承諾をアコムが着てきますので、

 

今日会社休みなんだけど・・・


と言えば書類での確認方法を教えてくれます。用意する書類は、

 

  • 直近の給与明細(会社のものと分かるもの)
  • 健康保険証(これも会社のもの)

を写メで提出する事で在籍確認としてくれます。あくまで会社が休みの場合だけですよ。会社が休みではない時はプロミスで相談しましょう。

アコムの在籍確認と申し込み方法の関係について

アコムで融資を受けるには、仕事をして収入を得ているということが条件となりますが、それを判断するための方法として行われるのがアコムの在籍確認です。方法はどうあれ、アコムでは融資を行うにあたっての審査では在籍確認が必ず行われます。

 

在籍確認には大きく分けて2つの方法があり、

  • ひとつは勤務先への直接連絡
  • もうひとつは書類による確認

です。アコムの場合は書類による確認は申込者の会社が休業日の場合のみ可能です。


さて、この在籍確認というものは仮審査ではなく本審査で行われる審査項目となっています。そのため、アコムの本審査と在籍確認とは必ず同じ日に行われることになるという特性を持っています。

消費者金融業者の中には、在籍確認ができてから本審査に移るというシステムを採用しているところもありますが、アコムではそのようなシテムではないということになりますので、在籍確認とはあくまでも本審査の一環として行われます。

ここで問題となるのが、在籍している会社が休日の場合です。年中無休の会社ならともかく、定期的に休日のある会社であれば、アコムの本審査の際に会社が休みである可能性があり、

 

そうなると当然ながら会社に電話しても誰も出ませんので在籍確認は完了できません。


そのような場合の申し込み方法としては、たとえばインターネットを利用して前日または出社前にアコムに申し込みを済ませておくというものが現実的かもしれません。自動契約機を使った申し込みの場合は、本人がその場にいなければならないため、会社が稼働している間に本人はアコムの自動契約機の中にいる必要があります。

それは少し現実的な話ではないため、やはりインターネットを利用して申し込んでおくという方法が良いかもしれません。インターネットを利用した申し込みについては、身分証明書の送信や審査結果の受け取り等でアコムとの連絡をする回数が増えるものの、本人の時間的な制約はかなり少なくなりますので、確実に在籍確認を受けたいということであればこうした方法を試してみると良いでしょう。

もっとも、本人が休みの日に会社が動いていればどんな申し込み方法であってもそれほど問題はないかもしれません。

>>実は在籍会社が休みの日でもアコムは在籍確認と契約はできます

アコムでおまとめローンをする場合でももちろん在籍確認はある

アコムにはおまとめローンが用意されており、『貸金業法に基づく借換え専用ローン』という商品になっています。これは通常のアコムのフリーローンとは違い、申込も基本電話のみになっています。

そもそもアコムは、消費者金融として一番知られている会社とも言われているくらいその名前はかなり知られていますが、『貸金業法に基づく借換え専用ローン』という商品があることについてはあまり知られていません。

アコムは総量規制の影響を受けることとなりますので、おまとめローンとなると借り換える事のできる金額がそこまで多くないのではないかと思われますが、実は『貸金業法に基づく借換え専用ローン』と別商品になっているのは理由があるのです。

通常既存の借入が残っている場合、新たに借り換えの為の借入を申請する際には、

 

既存の借入+新たに借り換えの為の借入=総量規制の対象金額になります。これが年収の1/3に収まっていなけば通常アコムでは借り換える事はできません。


このように本来は貸す側に有利な状態となっているキャッシングですが、借りる側が一方的に有利な状態になっている借り換えの場合は、例外として総量規制の対象から外してもいいとされています。

 

そのための総量規制の例外条件に沿った商品がアコムの『貸金業法に基づく借換え専用ローン』になっていますので、アコムでおまとめローンが利用できることとなります。


もし利用したいと考えている場合は、とにかくおまとめローンである『貸金業法に基づく借換え専用ローン』での契約をすることとなりますので、その契約がキャッシングにならないように気をつけてください。専用のおまとめローンを利用することとなりますので、その契約をすることが大事なのでフリーキャッシングの申込フォームで申込んだのであれば、その後アコムに『貸金業法に基づく借換え専用ローンの利用』ということを電話した方が確実です。

おまとめローンとして申し込みを行って、現時点で借りているローンの内容や金額がわかるもの、そして収入証明書を出すように言われます。これらの書類が無かった場合やもちろん在籍確認が取れないといった場合には、審査に落とされてしまう可能性があるので必ず提出する必要があります。

 

その他にも、

  • 追加融資はできませんので完済を目指して返済のみしていくことになります。
  • 既存借入先には基本的にアコムから返済されますので借り換え金額は原則本人に直接融資されることはありません。

などの完済の為の条件となっていますので、在籍確認もしっかり会社に電話して確認してもらったほうがいいでしょう。


審査が完了すれば、アコム側がおまとめローンを認めてくれることとなり、借りている会社に対して全て返済を行います。そして借りる側は、アコム側に対して返済をすればいいだけとなります。

非常に便利なおまとめローンとなっていますが、キャッシング系のおまとめローンですので、

 

  • クレジットカードのショッピング枠
  • 総量規制の対象外の銀行の借入

に対応していません。


また、個人的に借りているお金も対象外となっているので、誰かから借りているからおまとめローンを利用するなどの方法は、絶対に出来ないと思ってください。

アコムの審査を受ける際に最も重要なことは正しい情報を伝えること

アコムは即日融資などの高い利便性が知られていますが、当然ながらアコムで融資を受けるためには審査に通過する必要があります。そんなアコムの審査で最も大切なことは、「正確な情報」を伝えることです。

これはアコムに限った話ではありませんが、消費者金融でお金を借りる時というのは双方の信用のもとに成り立つものといえます。お金を借りる側としても、アコムのもっている

 

信頼性の高さや安心感を見込んで選ぶのと同様に、アコムの審査でも融資を行ううえで「この人なら大丈夫だろう」という確信ができたうえで貸付を実行しています。


本来、信用というものは長い期間をかけて培っていくものですが、アコムは即日融資を行うという関係から短い時間で申し込んできた人の信用というものを確認しなければなりません。そこで正しい情報が記入されていないとなれば、当然の事ながら正しくない情報を提供された人に対してはアコムは

 

信用できない人であると審査において判断することになります。


仮に年収が700万円あったとしてもその事実を証明できなければアコムの審査に通ることはできません。特に気をつけたいのが勤務先や他社での借入件数です。

アコムの審査では、既に他の業者から融資を受けていても金額によっては融資可能と判断されることがあります。ですからアコムのカードローンで学生が借りる際には借入額も低くなります。(学生がアコムに申込む際は、年齢20歳以上で安定収入が必要です。)

しかし、申し込む側からすればできればこういった情報は伝えない方がアコムの審査では有利に進むかもしれないと考えてしまうものです。また、せっかくアコムに申し込んでいるのに既に他の業者からお金を借りているとなると、心証が悪くなりはしないかと考えるといった人もいるかもしれません。

その発想はアコムでお金を借りようとする人にとってはむしろ当然のことなのですが、ことアコムの審査においては間違った発想といえます。先述の通り、アコムの審査ではその人の信用を重視しますので、他社からの借入があったとしてもその事実は正確に伝えるようにしましょう。

仮に異なる情報を伝えたとしてもその事実はアコムには伝わりますので、その場合には審査には絶対に通りません。また、その他のプロミスの審査においても同様で情報は正確に伝えるべきです。

アコムの在籍確認についての関連サイト

参照:日本貸金業協会

アコムの在籍確認の電話の体験談

パート主婦のアコムに申込んだ時の職場への在籍確認

 

毎月の家計をやりくりしていくのも、最近では苦しくなってしまっています。決まったお金の中で、やっていかなくてはいけないのは、大変な事だったりするのです。家計のやりくりができればいいのですが、赤字が続いているような状態です。これでは、生活だってしていけるのか分からなくなってしまっています。

今もこんな状態ではあるので、ちょっと助けてもらおうと、カードローンを考えている所なのです。カードローンがあれば、困った時は、どうにかできます。しかし、今の状態では困った時にどうしたらいいのかと思うのです。旦那にも心配は掛けたくないので相談ができません。

幸いな事にアコムは主婦でもパートで安定収入があれば申込み可能だという事でした。主婦でも利用ができるので、審査は心配でしたがなんとか通過することが出来ました。審査の際のパート先への電話がちょっと困りましたが、なんとか職場の方にはバレずに済みました。


アコムの勤務先への在籍確認

 

以前、どうしてもお金が足りなくなりキャッシングを利用することにしました。融資を受けるためには消費者金融の審査を受けなければなりません。そして、その審査の一つは本人確認です。申込書に記入した住所、氏名が正確であることを運転免許証を提示して確認してもらうのです。

そして、次に消費者金融のアコムにも在籍確認というものがあります。申込書に記入した勤務先に本当に勤めていることを確認してもらうのです。それは実際に勤務先に電話して行われましたが、消費者金融の名前ではなく個人名で行われましたので、勤務先にキャッシングのことがバレることはありませんでした。

さらに、キャッシングを申し込んだ時点で他の消費者金融との取り引きがないかどうかも確認されました。これは、そうした情報を一元管理している信用保証協会に照会することによって行われたようです。

こちらとしては、最初にキャッシングの申込書に全て記入したら、あとはそれが正確かどうかを確認してもらうまで待つだけで、一時間もかからなかったと思いますが、審査が終わるまではなんとも言えない緊張感がありました。しかし、無事に審査を終えてキャッシングを利用することが出来て助かりました。


在籍確認の違いでアコムよりプロミスを選びました

 

アコムの自社ATM・店舗は全国に多数展開されており他のカードローンより便利になっています。自社ATM・店舗が多いと何が便利なのかというと、手数料無料で借入・返済できる場所が多くなるので便利なのです。急な借入もコンビニなどの提携ATMもありますが、手数料が掛かってくると鬱陶しいですよね?

アコムも自社ATMなら借入・返済の手数料無料です。自動契約機(むじんくん)が多いと即日カード発行しやすくなるので便利です。アコムの場合契約が完了すれば近くの自動契約機(むじんくん)で即日カード発行が可能です。

しかし、近くにむじんくんがなければ遠くまで足を運ばなくてはいけません。その点アコムは安心ですね。とメリットしかありません。更に自社ATM・店舗数ナンバーワンのプロミスは初めにおりる借入枠(50万円以下)の金利が大手消費者金融一低金利の17.8%(アコムは18.0%)で、初回30日無利息サービス(要ポイントサービス申込)もあるのでメリット盛りだくさんになっています。

結局プロミスでは会社への在籍確認の電話を、別の確認方法で相談できるみたいなので、アコムよりプロミスを選びました。


会社に必ず電話されるアコムではなく相談できるプロミスを選びました

 

アコムは消費者金融の中でも代表的な存在というイメージがあります。消費者金融のメリットとしては現在金融庁に規制された銀行に比べると、はるかにサービスがいいということです。

例えばアコムでは金利こそ実質年率3.0%~18.0%という利率が適用されますが、銀行では不可能になった即日融資も可能なのです。私の場合すぐに借りなければいけない用事でしたので、その時点で銀行カードローンはアウトです。

とはいえ、実際にアコムのカードローンを利用するにはアコムの審査の最終段階で行われる在籍確認の電話を会社にされる事を覚悟しておかなければいけません。このあたりはいくら低コストで運営できるアコムといえど誰でも無条件に融資を行っていないという関係から一定の審査を受けることになっています。

審査では申し込んできた人の返済能力を調べるために様々な部分での確認が行われますが、そのひとつに「在籍確認」というものがあります。アコムでは審査を受けるにあたり勤務先を記入して申し込む必要がありますが、その勤務先で本当にその人が働いているかどうかを確認するのが在籍確認です。

カードローンに申し込む人の中には、既に退職してしまった会社の名前を記入する等事実とは異なる情報で申し込むといったケースがありますので、こうした事実確認をするという意味でも、アコムでは審査における在籍確認は必須の項目となっています。

でも会社で横領事件が起きたばかりなので、少しでも疑いの掛かる要素を会社に知られたくない私は、会社への在籍確認の電話を別の確認方法で出来るプロミスで申込みました。このサイトに書かれている通りの手順で申込んで、無事会社には電話されませんでしたので、このサイトには感謝しています。


友達にハワイ旅行に誘われたので足りない分はアコムで借りることにしました

 

大学時代の友達のおじさんがハワイにコンドミニアムを持っているのですが、そこを無料で貸してくれるという事になりました。4人迄宿泊が可能だという事なので友達が私にも声をかけてくれました。幸いな事に今は仕事もそんなに忙しくないので1週間の有給休暇もとれそうです。

しかし問題はその旅行にかかる費用です。クリスマスと年末年始で遊び過ぎて貯金を使い果たしてしまったので殆どお金が無い状態。いくら宿泊費がいらない、LCCで航空券が安くなったと言っても航空チケットや食費、お小遣いを考えると20万円は必要になります。

今私の銀行口座にある貯金は5万円ちょっとです。飛行機の座席もビジネスクラスにするともう15万円ほど掛かってきます。まぁ生意気にもビジネスクラスに乗るつもりはありませんが・・・

という事であと15万円をどうにか捻出する必要があります。親には頼めないし、現在も他のカードローンで借入最中なのでもうひとつ増やすと返済額が追いつかなくなってしまいます。でもこの寒い日本を脱出して温かいハワイでゆっくりと過ごしたいです。

お金借りてでも行きたい憧れのハワイノコンドミニアムで過ごしたいのでない知恵を搾り出して考えた結果、まず他のカードローンに申込んで足りない分の15万円用立ててもらう。⇒支払いがしんどくなるのでそれを含めてプロミスのおまとめローンで一本化⇒返済額も減って憧れのハワイへ!

ということでアコムでお金を借りることにしました。会社に在籍確認の電話が掛かってきて、事務のおばさんにバレて締まったのですが、『休暇が取れたのでハワイに行く事にしたんです。』と正直に話すと、『楽しんでおいで。』と私を応援してくれました。